今年度の活動方針について
 (2010年度−2011年度)

国際ロータリーのテーマ
「地域を育み、大陸をつなぐ」
(Building Communities - Bridging Continents)
浦安ロータリークラブ    
会長  大島 則夫  
浦安ロータリークラブは今年30周年を迎えます。
30周年の歴史を振り返りながら、もう一度原点に立ち返って、
「ロータリーとは何か」について考える年度にしたいと思います。
あなたは次の質問にどう答えますか?
「ロータリーとは何ですか?」
「浦安ロータリークラブとは、どんなクラブですか?」
「あなたはロータリアンとして、どんなことを実践していますか?」
このような質問にどう答えるか、何を基準として行動しているか、を色々な場面で論じたり、考えたりできたら素晴らしいと思います。そんな機会を多く提供できる年度でありたいと思います。

 織田ガバナーの方針の下、以下の活動を通してロータリーを見つめ直し、職業奉仕を通して、我々の行動規範を考えていきましょう。

1.ロータリーの綱領を正しく理解すること。
 「ロータリーの目的は、社会的に価値のある企業活動の基本として、奉仕理念を導入し、育むこと」。そして、具体的4項目を実践する。
2.職業奉仕=職業倫理の高揚を実践する。
3.クラブ自治、クラブの物差し作りのために、「浦安ロータリークラブとはどんなクラブか?」について考え、議論する。

  このような活動を通して、少しずつクラブの様式(スタイル)を磨いていきましょう。

 今年度は組織的にはCLPを導入しました。地区においても色々な意見がありますが、ロータリーの目的を実践するためにはどんな形が良いかを、クラブが判断していくことだと思いますので、特に形にこだわったわけではありません。経験ある委員長が副委員長をリードして、副委員長が実行の責任者として組織を引っ張っていく。そして、その委員会に属するメンバー会員が協力する。そんなイメージを持っています。

 最後に会員全員が、「ロータリーは楽しいね」と心から言える年度でありたいと思います。
 皆様のご協力を宜しくお願いします。
 
歴代会長挨拶
浦安ロータリークラブ バナーの由来English Page 
  千葉県浦安市 浦安ロータリークラブ 事務局    担当者 太田   TEL 090-3061-0666 FAX 047-395-1000
Copyright (C) 浦安ロータリークラブ All Rights Reserved.